少し前になるのですが、ライブ配信したときのカメラ周辺を紹介します。

カメラ:Panasonic Lumix DC-S5
昨年からメインで使用してます。
配信での難点は外部出力した際にモニターの情報が出力先でも表示されること。
音量などの表示は消せるのですが、顔認識のAFにしてると顔を追う四角が表示されてしまいます。
あと、RECの赤い枠も消せないのかな?

バッテリー:純正+NP-F970
1カメで基本は固定ですが、たまに移動があったためカプラーでつなぐよりもバッテリーの方が良いと考えてました。
モバイルバッテリーでも良いのですが、複数持っているNP-F970が使えればと思い探していたところAmazonで見つけました。

これでUSBタイプC給電しながら撮影と配信をしました。
イベントなど長時間撮影の際には助かります。
3時間の配信でバッテリー交換はせずに済みました。
あくまでも目安ですがボタンを押すと残量がわります。

マイク:SYNCO-G2(A2)-2.4GHzワイヤレスピンマイク
出演者が3名なのでマイク2個セット×2、長時間使用が可能という理由で選びました。
難点は受信機の音量調整が3㏈ずつなこと。モノで録音する際に音量調整をすると2台のマイク両方が同じ調整になってしまうこと。
仮に声の大きい人と小さい人がいた場合、調整が難しくなります。
ローカットで調整するしかないかな。
でも安くて良いです。

それまで使用していたHollylandを今回は予備に回しました。

カメラにはマイク入力が1個しかないので、ミキサーを通す必要も。
配信にはATEM Mini Proを使ったので、そこに差しても良いのですが、今後ロケ企画もあったのでリグで組めることを考えて下記の商品にしました。
これ自体には電力がないのからか、少し音量が下がる感じがします。

配信場所にネット環境が無かったのでパンダスタジオさんで『LiveU Solo Plus (4+1回線付)』をレンタルしました。

https://rental.pandastudio.tv/products/detail/5076?category_id=119

初めて使用でしたが、わからないことはパンダスタジオさんも対応してくれるので助かります。

といった内容でライブ配信は無事終了しました。
あとは、移動ロケの場合に持ちやすくする工夫と、外部モニターで録画することで配信画面には余計な情報が映らないようにすることでしょうか。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です